足のむくみに効くツボはどこ?指圧よりお灸がおすすめ

足のむくみのツボにはお灸が効果的!
足のむくみに有効なツボはあるのですが、そのツボの有効な活用法はお灸です。残念ながら、自分で押すことで足のむくみを改善できる特効穴というのは存在しないでしょう。

なぜなら、足のむくみの改善には、リンパの流れの改善が有効です。リンパの流れの改善には、手が皮膚の上を移動するように、さするようなマッサージが有効であり、どこか1点のツボを押すことで改善されるということは考え難いです。

一方で、お灸をすることで冷えの改善が期待できるツボというのはあります。冷えが改善できるということは、代謝が良くなっているということですので、むくみにもよい影響があると期待できます。

お灸はけっこう手軽なツール
お灸というと敷居が高いように思うかもしれませんが、鍼灸師の手を借りなくても自分で行えるタイプがあることをご存知ですか?

最近は温度も色々と選べ、香が付いている物もあるなど、ご自宅で気軽に行えるタイプの種類が増えています。
お灸には相性があって、とてもよく効果が感じられて大好きになる人もいれば、いまいち効果が得られないということもあります。

先ずはお試しから始めてみてはいかがでしょうか、よい出会いとなるかもしれません。体験ができるお灸ショップもあるので、探してみてはいかがでしょうか。この記事の下のほうにもせんねん灸のショップ情報をリンクしておきます。

足のむくみに有効なツボ5選!
足のむくみに有効なツボとして、5つを紹介しておきます。場所は画像を参考にして下さい。

太渓(たいけい)、陰陵泉(いんりょうせん)、三陰交(さんいんこう)、足三里(あしさんり)、然谷(ねんこく)です。
本来のつぼの選び方というのは、その人の好み、体調、脈、舌、顔色、肌の具合など様々の要素をチェックし、その状態にあわせて使用するつぼを選びます。ですから今回は、そういったこと抜きに、利用範囲の広い万能なツボであり、足にあるツボでお灸の温熱刺激が抹消の循環に好影響を与えそうなツボを選びました。

taikei
taikei

inryosen
inryosen
saninko
saninko
asisanri
asisanri
nenkoku
nenkoku

お灸の注意
体質によってはやけどをしやすいリスクがあります。熱さに対して我慢しすぎないようにしましょう。「熱すぎる」と感じたらすぐに取り除きましょう。
それから、初めての場合、やりすぎは禁物です。やっているときは大した影響を感じなくても、後で強く効いてくる可能性があります。
初めは1,2箇所に各1個ずつ施灸して様子を見ましょう。また、いくつも同時に火をつけると、熱くなってきたときに慌ててしまい、思わぬ事故につながるといけません。
どの程度の熱さなのか、慣れるまでは火がついているのは1個だけにして、慣れてきても少し時間差で火をつけることをおすすめします。
火の始末、火事には十分に注意してください。
そのほか、お灸の説明書をきちんと読んで正しくお役立て下さい。

お灸の体験が出来る場所はこちら
せんねん灸  オフィシャルサイト内に、数店舗あるショールームへのリンクがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です