「巻き爪が痛い」みんなはどう付き合ってるの?

「巻き爪が痛い」みんなはどう付き合ってるの?

「巻き爪が痛い」みんなはどう付き合ってるの?

爪が丸くなって、端が指に食い込んでいく「巻き爪」はとても痛くて、人によっては血が出たり、化膿したりしてしまいます。

爪が巻いていても、食い込みが軽くて痛くないと、自分が巻き爪だと気づいていない人もいるし、逆に軽くしか巻いていなくても、ケガや靴の圧迫が原因で、指に食い込んでくると痛くなるし、腫れて化膿することもあります。

みんなは巻き爪でどんな悩みが多いのか?

巻き爪で悩んでいる人の多くが、靴に当たって痛くて、靴さえ履かなくて良いなら巻き爪だけど別に辛くないと言います。

だから女性なら、つま先がオープンなデザインを履くようにしていて辛くないひとがいますね。

同じように、つま先に厚みがある靴だったら痛くないという事があり得ます。

そういう人は、ブーツならつま先が厚めの靴が結構あるので、ブーツは痛くないというわけです。

実際に、春夏はオープントゥの靴やサンダルで過ごし、一気にブーツに切り替えて1年を過ごしているという人がいます。

もっとつらいのは、靴に当たっていなくても痛いタイプ。
ひどい人では、布団が触れるのも痛いという時期があるくらいですので、このタイプでは靴が当たるなんてもってのほかです。

巻き爪にみんなはどんな対策をしているの?

医療機関、民間を問わず、巻き爪を矯正する処置をするところがあります。

医療機関だと、ワイヤーを使用して巻いた爪を戻す処置をしているところが多く、民間では樹脂製のプレートを接着剤を使って爪に貼り付けます。

ワイヤーもプレートも、それぞれが平らに戻ろうとする力を利用して丸くなろうとする爪を平らに広げることで、指への食い込みを防いでいます。

ワイヤーやプレートの一部の種類では、爪の先端にしかつける事ができないため、矯正力が弱く、外すとすぐに戻ってしまうのが難点です。

プレートの中には、爪の中央部分に取り付ける事ができるタイプもあり、それだと、根元から強く巻いてしまうクセの強い人でも、効果が持続してくれます。

その他には、巻いていて指に食い込んでいる爪の角と指との間に綿などの緩衝材を詰めたりして、食い込みを防いでいる人もいます。

それから、外科で相談された人だと、爪の巻いて食い込んでいる部分を、爪の根元からペンチで切り取る処置をされた経験のある人もいるのではないでしょうか。

切る時と、切られた後数日は猛烈に痛いのですが、その後は爪が伸びてくるまでの間痛みなく過ごす事ができます。

これで新たに生えてきた爪が食い込まなくなるのなら良いのですが、自然と巻いてしまう巻き爪の人は爪が伸びてくるとまた痛くなるということを繰り返します。

痛みを伴う巻き爪では、痛みの程度によって皆さんの付き合い方が違います。

痛くても我慢をしている人も多くて、中には痛みがひどすぎて指に食い込んでいる部分が痺れているほどでも何もしないでいる人もいました。

どこに相談に行ったらいいのかわからないから行っていないとか、病院に行ったけど処置してもらえなかったということが理由です。

強い痛みがある人たちはたいていは何らかの処置をしています。

また、仕事で靴に制約が無い場合には、女性なら夏場はオープントゥの靴かサンダルで冬はブーツ。男性なら夏場はサンダルで、冬はスニーカーというかんじですごしていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です