外反母趾の靴選び店舗での注意点は?おしゃれなパンプスやスニーカー選びのポイント

外反母趾の靴選び

外反母趾の方にとって、自分に合う靴にであう靴選びはひと仕事ですね。そんな外反母趾の人の靴選びで失敗を少なくするためのポイントを色々と説明したいと思います。

外反母趾の靴選び店舗でのここに注意!

外反母趾の靴選びでお困りの方の多くは、指の付け根の出っ張りが靴に当たって痛いということでしょう。他に、母指の付け根よりも2、3指の付け根が痛いという人もいます。また、幸い痛くはないけれど、幅が広いので靴が合わないという人もいます。

早速ですが、指の付け根の出っ張りが靴に当たって痛いという人から、靴選びで注目するべきところは「デザイン」「調整すれば履ける靴かどうか」です。当たり前のことのようですが、詳しく説明するのでもう少し付き合ってください。

まず「デザイン」のお話の前に、少し詳しくあなたの外反母趾を見てみましょう。外反母趾と言っても形は1つではありません。変形の仕方によって、靴に当たって痛くなる場所が母指の付け根の骨のどこになるかが違ってきます。ここではわかりやすく、3つのタイプに分けましょう。それは、靴に当たって痛くなる外反母趾の部分が、靴の上側に当たって痛いか、靴の側面か、下側かです。多分「それってみんな違うの?」と思うかもしれませんね。そう、違うんです。
下側にタコができてそこが痛い人、靴の側面に当たって痛い人、靴の上側に当たる人といて、それぞれにトラブルになりやすいデザインが違ってきます。

靴の上側に当たる人の場合、横幅が広い靴であっても、その部分にデザインの継ぎ目がきていて当たりやすい靴があり、そういうタイプの靴はトラブルになりやすいので避けるべきです。
靴の側面に当たる人の場合、その部分には、靴の裏地の継ぎ目が来ている場合があります。表面にはデザインの線が無いので安心してはいけません。靴の中に手を入れて、その部分の裏地に継ぎ目がないか確認しましょう。
下側にタコができる人は、靴のふちが高くなっている靴は避けなくてはいけません。ふちが高くなっている靴とは、靴底の形状のことで、靴の内側から側面を触ると、靴底のふちが接地面よりも高くなっていて、このふちに触れられる靴のことです。

これらのことは、ご自身で注意してできることです。このことを、靴店で相談しても、店員さんやシューフィッターさんでは「?」となってしまいます。ご自分がこれまでに履いてみて痛かった靴と、痛かった場所をよく観察して、じっくりと自分の足の特徴を把握してみましょう。

もう一つ、これは、そうした足の特徴に合わせて調整することができる店舗を探すことです。痛くないように幅が広い靴を選んでいると、外反母趾は痛くないけれど、大きい靴を選んでしまうことになりがちです。外反母趾の方が何の靴の加工もなしに痛くなく履ける靴はあります。が、種類は多くありません。そして、そういう靴はどうしても雰囲気が似ている物になりがちです。
一人一人の外反母趾の特徴に合わせて加工、調整ができる店舗に出会うことで、あなたの靴選びの幅が飛躍的に広がります。ただ残念なことに「調整できると言われたから買ったのに、結局痛くて履けなかった」という経験をしたという話もよく聞きます。
加工、調整はやる人の技術に大きな差があります。自分に合った店舗と出会うことが大切になってきます。

外反母趾のおしゃれな靴選びは無理なの?

ただ履きやすい靴を探すだけでも大変な外反母趾の方にとって、おしゃれな靴の靴選びには苦労されていることでしょう。
外反母趾でおしゃれな靴選びに困っている場合は、ご自分の足とおしゃれだと感じる靴の相性が悪い場合が多いです。
どのような靴をおしゃれな靴と感じるかどうかが人それぞれ違うので「おしゃれな靴」の定義は難しいのですが、中には外反母趾の方にとってストレスなく履きやすいタイプの靴が好みの方もいます。そんな人にとっては、靴選びがそこまで困った問題じゃなかったりします。

とはいえ、外反母趾でおしゃれな靴選びに困っている方が多いのは事実です。外反母趾の方のおしゃれな靴選びを邪魔しているのは2つ。「おしゃれだと感じる靴が細身で痛くて履けない」ということと「外反母趾のせいで靴が広がってしまい、靴の印象が変わってしまう」ことです。

痛くて履けないような靴が好みで、そういう靴がわたしにはおしゃれな靴なんだ。という場合は「痛みなく履ける靴選び」が、かなり困難なものとなるでしょう。かといって、全く無理ではありません。痛くなっている原因を、加工調整することでかなり改善させることは可能です。その場合、調整することを見越してサイズを選ばないと、調整しても痛い靴となってしまいます。
それから、そういう靴では歩ける時間が限られてくることを知っておいてください。その靴でどれくらいの時間なら痛くなく歩けるのか、近所を散歩して確認しましょう。たくさん歩くことが分かっている日には履かない前提であれば、選択肢も広がります。

もう一つの、外反母趾のせいで履くと靴が広がり、印象が変わってしまうという場合も、靴の形は気に入っても、履くとイメージが変わってしまうことが問題です。
この場合は、つま先に美錠などの飾りがついた靴を選ぶと、目線が美錠などの飾りに行くので、外反母趾による靴の変形が目立ちません。(本人はそこばかり気になるので目が行ってしまいますが)
美錠が好きじゃないという場合は、全体的なデザインが縦方向に配置されている靴や、縦方向のデザイン線が入っている靴も、外反母趾によって靴が広がっても、その広がりの印象が和らぎます。

靴が好きで、靴自体のデザインが好きという場合には、どこまでも痛みとの付き合いが存在してしまいます。
無理のない靴選びでお勧めなのは、おしゃれな服装をした時にその服装を活かす靴や、雰囲気に合って溶け込む靴を探すことでしょう。または、たくさん歩く日は歩きやすい靴に合うようなファッションを選択することで靴の選択肢が広がり、靴選びをしやすくなるでしょう。

外反母趾の靴選び理想はオーダーメイドの誤解

「外反母趾のせいで普通の靴は合わないからオーダーして作るしかないと思っているんだけど」という相談をよく受けます。
そういう時、ほとんどの方には、必要ないですよと伝えます。実際必要ありません。

オーダーを考えている方には2タイプいて、1つ目は「オーダーすれば外反母趾でもエレガントなパンプスが履ける」と考えている方、2つ目は「フィットしているけれど痛くない靴が欲しい」と考えている方です。

この希望は、1つ目のタイプでは叶わず、2つ目のタイプでは規制靴で十分叶うので、オーダーメイドである必要がないというわけです。

1つ目のタイプの方がオーダーでも理想が叶わない理由は、オーダーで木型を作る場合、その木型は足の形に沿う形で作られるので、木型の時点で外反母趾部分の広い木型を作ることになります。ですから、既製品でも履けるのに、木型を作ったらそれよりも幅の広い靴が出来た。と、なります。
こうなるのには理由があります。外反母趾が痛いので、痛くない靴を作ってほしいと言われた場合、作り手は外反母趾の部分を締め付けないように木型を作るため、足なりの形状つまり幅広の靴を作ることになります。少しでも細身で美しく、楽に履けるように作ってほしいとなると、1足ではなく、2足目3足目と作り直しを繰り返しながら理想に近づけていく必要があります。つまり、職人の手を使って、自分の理想の靴を作るという作業です。職人に絶対の信頼を持つ事ができれば、時間とお金をかけて理想の靴を作り上げることが可能かもしれません。しかし、多くの方にとって、オーダーメイドは高価な買い物です。1発で理想が叶うと思うことも当然です。これが、私がオーダーメイドをお勧めしない理由です。
そして、形を大きく崩さないようにして、履きたい靴を今よりも快適に履くことを望むのであれば、そこそこ合っている規制靴に手を加えて、あなたにとって合わない個所を修正しながら履く方が理想に近づきやすいでしょう。

2つ目のタイプでは、先に書いたとおりで、規制靴に手を加えるだけで履ける靴がたくさんあります。痛みの強い外反母趾の場合には、インソールだけはきちんとオーダーメイドし、靴は既製靴を加工することで十分に快適に履く事ができます。フィット感も得られる靴が見つかることでしょう。
この方法で、少なくとも私の店では、これまで何十万円もかけてきたことがばからしく思えるほど、色々な種類の靴が履けるようになって喜んでいただいています。

とはいえ、私も木型からオーダーメイドの靴を作る職人の一人です。外反母趾の方の靴選びでオーダーメイドが良い場合もあります。それは、ビジネスシューズを常に仕事で履いている方。紳士の革靴では、女性の靴と違って厚く硬い革で作られていることが多く、調整しても対処しきれないことがあります。また、女性の靴に比べて、サイズが大きいため、外反母趾部分を大きく作ったとしても、全体の印象が大きく損なわれません。そして、色々なデザインや色を持つ必要がない場合が多いので、1足か2足あればそれを修理しながら長く履けるので、オーダーメイドという選択肢が割高にならないことも、ビジネスシューズではオーダーメイドをしても良いと考える理由です。

外反母趾の靴選びにおすすめのスニーカーはどんなタイプ?

外反母趾でお悩みのお客様の多くが「スニーカーならあるのよね~」と言いますので、外反母趾で足が痛いと、スニーカーを選択する人が増えます。なぜなら、スニーカーはデザイン的に横幅が広く作られていても「幅広の靴」という印象になりにくいので、幅が広く作られていて、外反母趾が当たって痛い人には履きやすい靴となるからです。

それでも、靴によっては痛くなることもあります。デザインや木型が頻繁に変わってしまうスニーカーでは、外反母趾におすすめのモデルを紹介しても廃盤になってしまうことが考えられるので、痛くなるスニーカーを避ける方法をしょうかいすることにします。

スニーカーなのに外反母趾が痛くなる理由で最も多いのは、デザインの継ぎ目です。デザインの継ぎ目は素材が重なっていて丈夫ですから、履いていてもなかなか伸びないですし、継ぎ目の段差が外反母趾の出っ張っている部分に食い込んでしまうこともあります。
また、内側にファスナーが付いた靴の場合、外見上のファスナーの終わり部分よりも、10mmほど前までファスナーが埋め込まれています。もちろん、ファスナーが抜けたりしないようにするために必要な余分なのですが、これが外反母趾に当たっているということもあります。その場合は当たる部分を伸ばしただけでは解決しないことも多く、より手を加える必要があります。ですから靴選びの際、内側ファスナーの靴では、どこまでファスナーが埋め込まれているかをよく確認して、ご自分の外反母趾部分に当たっていないかどうか確認しましょう。短時間では大丈夫でも、長く歩くと痛くなることもあります。
表から見ても分かりにくいという点では、靴の裏革の継ぎ目が外反母趾部分にある場合もあります。この場合も、短時間では気づかないことが多く、長く歩くことで足に少しずつ当たって痛くなってきます。そういうことが無いよう、靴選びの時、この靴なら良さそうだと思ったら靴の中に手を入れてみて下さい。ご自分の外反母趾部分に裏地の継ぎ目もないことを確認するようにしましょう。

その他にも、靴は縫製の都合や組み立ての都合上、この部分に様々な継ぎ目やパーツの終わり部分が集まりやすいです。しかし、そういう継ぎ目が全ての外反母趾の人に必ず当たるというわけではありません。それは、外反母趾の変形の仕方が人によって違うため、靴の当たりやすい場所が人によって違うからです。

靴選びの前に、ご自分の特徴を確認する必要があります。又は、以前にスニーカーを履いて痛い経験をした人なら、その靴でどこが当たったのか、入念に検証してみましょう。ファスナーなのか、表のデザインの継ぎ目なのか、裏地の継ぎ目なのか、それが分かれば、次からはその部分を特に注意して、購入前に確認するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です